ねじリハ


『ねじリハ』とは、ねじり+リハビリのこと!

日常生活での“ねじる”動作は重要ですが、作業療法用器具には”つかむ”、”握る”という動作の器具が多いのが現状でした。そこで、国立大学法人 浜松医科大学医学部附属病院リハビリテーション部と共同研究をし、誰でも簡単に“ねじる”動作ができる作業療法用器具『ねじリハシリーズ 片手ねじねじ・両手ねじねじ」を開発しました。    ねじの可能性は無限大です。実用新案登録【第3211928号】

 

 


片手ねじねじ

 

■片手で簡単操作

片手だけを集中的に訓練できます。付属のすべり止めマットで使用中に本体のズレも抑えられます。

 

■ねじの強さは4段階

専用のねじに付いたバネには4段階の強さがあり、段階的に対象者に合わせて訓練ができます。

 

■角度の調節可能 

スライド式ロックの採用で使用者に合わせて最適な角度で使用できます。

 

>仕様はコチラから

>カタログはコチラから

 

 


両手ねじねじ

 

■分かりやすい単純作業

専用のねじを15ヵ所の穴に入れるだけ。

 

■簡単準備でスペースいらず

持ち運びに便利な取っ手とスペースを取らないサイズ

 

■プラスチック製で衛生的

アルコール消毒にも耐えられる材質で清掃が簡単です。

 

 

 

 

 

 

>仕様はコチラから

>カタログはコチラから

 

 


~握力測定値結果と訓練者の声~

 

ねじリハシリーズ製品を使用し、デイケア施設にて1週間に3回(1回あたり20分間)、3週間の訓練を実施した。   結果、握力が向上した方やペットボトルの蓋が開けやすくなる傾向がみられた。対象者が訓練の目的や方法など十分に理解出来ていない場合(認知症等)でも、「ねじり」という単純作業による訓練効果が期待できると考えられる。

 

 

 

《握力測定値結果》

握力測定値 3週間の訓練効果 70代女性

・右手 訓練前 13.7kg → 訓練後 15.5kg

・左手 訓練前 15.5kg → 訓練後 18.0kg

※記載データは、単独試験における条件の下で得られた値でありすべての訓練者にあてはまるものではありません。

※記載データと写真の人物は一致するものではありません。

 

《訓練者の声》

・70代 男性

指が細かくスムーズに動くようになり、ペットボトルの蓋が開けやすくなった。身近にあるネジで訓練できることが嬉しい。

・70代 女性

「ねじる」という単純作業であり、簡単にいつでも訓練できる。続けていくうちに力が入るようになり、料理もしやすくなった。

 

【共同研究・開発】

国立大学法人 浜松医科大学医学部附属病院

リハビリテーション部

 

 

ねじのことなら、何でもお気軽にお問合せください。


ねじのことなら何でもお気軽に
お問合せください。